Global Container Matching systemメールマガジン 2016年11月号

1)キャパシティー・マッチング支援:

 

11月25日、「埼玉県コンテナラウンド・ユース推進協議会、分科会」開催

 

2)環境イノベーション:

 

パリ協定で求められる企業の省エネ対策と気象リスクへの備えについて。

 

3)新規プロジェクト:

 

11月7日、「佐野インランドポート」起工式実施でいよいよ開港準備

 

目標とする次世代サービス概要とは?

 

4)人財マッチングと情報収集:

 

11月17日、「タニタ食堂ハヤ弁学習会」

 

5)これまでの投稿紹介

 

 

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★

1)キャパのマッチング:

 

 

埼玉県コンテナ・ラウンド・ユース推進協議会、第4回分科会の開催日時について。

 

 

【開催概要】

 

会議名 : 第4回SCRU分科会

 

開催日時: 平成28年11月25日(金) 14時00分~16時00分

 

開催場所: あけぼのビル 3階会議室

 

(埼玉県さいたま市浦和区岸町7-5-19 あけぼのビル)

 

http://akebonokaikan.com/guide.html

 

テーマ : GCMSのトライアル結果、コンテナラウンドユース新規導入の

 

手引き等

 

 

2)イノベーション:

 

 

ガラス窓の外側に防弾ガラス材料(ポリカーボネート)を特殊金具で簡単に後付装着。

 

省エネと減災効果が期待できます。

 

技術を公開する事でソーシャルビジネス化し、新たな雇用創出効果を狙います。

 

ちなみに、日本中の窓を全て断熱窓にすると約174万トンものCO2削減となります。

 

2013年、イニシャルコストの低さとその有効性が認められ「モノ造りアイディア大賞」を受賞。

 

尚、NPOエスコットが開発した、マド環境改善技術がクラウド・ファンディングの審査を

 

通過。2017年からのソーシャル・エコ・プロジェクトとして普及開始!

 

マド技術/window technology

 

 

※パリ協定内容:産業革命前からの世界の平均気温上昇を「2度未満」に抑える。

 

さらに、平均気温上昇「1.5度未満」を目指す。

 

 

3)新規プロジェクト:

 

 

佐野インランドポートが10年以上の長い調査・研究期間を経ていよいよ開港工事開始!!!

 

2016年11月7日10時30分 、佐野インランドポートの起工式が実施されました。

 

<世界へ羽ばたく内陸港>とするため、以下のような取組みを推進・検討してまいります。

 

 

1.異常気象、環境対策としての取り組み

 

①ンテナ・ラウンドユース、CO2最大30%削減

 

②コンテナ過不足調整での対船社協力、三角形の2辺輸送からダイレクト輸送へ

 

②サイクル・リユース推進、パレット、梱包材の再利用推進

 

2.労働負荷低減と安全運行支援サービス

 

①ドライバーの休憩・リフレッシュ、その他、体調・安全支援サービス提供

 

③域経済と連携した各種ドライバー向け企画提供

 

3.インランド・サービス・プロバイダー事業全般

 

①コンテナ・ラウンドユース支援サービス、ネットワーク連携等

 

②コンテナの検査、修理、一時保管、専用ジグ、方式開発等

 

④シャーシの共有化またはレンタル等のサービス

 

⑤梱包材等のリユース、リサイクルに資するサービス、選別デポパレット提供

 

⑥マーケティング、リサーチに関するサービス、ビックデータ解析等

 

⑦物流プラットフォームとの連携サービス、<グローバル・コンテナ・マッチング>

 

⑥<グローバル・キャパシティーマッチング(トレードシフト社開発中)>

 

⑧IoT,AI関連サービスの開発と提供、ワトソンサービスとの連携開発

 

⑧トラックスケールの導入、SOLAS条約対応サービス

 

*佐野インランドポート活用推進協議会への参加者を募集しています。

 

協議会では各種要望の検討、最新情報の配信などを行ってまいります。

 

お申し込みははこちら → http://gcm-sys.org/?page_id=3025

 

 

4)ヒトのマッチング:

 

『タニタ食堂』ハヤ勉学習会のご案内

 

 

内容:

 

 

午前中の冴えた時間帯を利用しての学習&タニタ食堂ヘルシーランチを食べならの

 

カジュアルな学習会です。

 

参加各社のパンフ等の交換・配布も出来ます。

 

 

①「コンテナ市況の現状について」

 

海上コンテナの日本国内での利用方法

 

DRY、RF、TANKコンテナの使用例

 

講師:(株)EFインターナショナル  代表取締役 中尾治美 様

 

※トライトン・インターナショナル前日本支社長、半世紀にわたりコンテナとその運用

 

に携わってきたミスター・コンテナ

 

 

②「タニタのFTA/EPA取組みについて」

 

そもそもEPAとはなに?

 

関税が大幅に削減できると聞いたものの、具体的な利用方法やそれに掛る手間がわからない。

 

どのような場合に適用可能なのか?

 

どのようなステップを経て特産原産地証明の入手が可能か?

 

講師:㈱タニタ 物流管理室室長 横山九一 様

 

 

③「佐野インランドポート着工報告」

 

11月7日に起工式を向かえる内陸港の未来志向な挑戦とは?

 

講師:佐野市役所 総合政策部 大川 登 様

 

 

④「マッチング交流」チラシと3分間スピーチで当日受付、自由発表

 

 

⑤ 参加各社の新規事業、新製品・サービスを紹介するパンフ等の配布致します。

是非、ご持参ください。

 

 

日時::2016年11月17日(木)9:30~11:30 (開始時間と終了時間にご注意ください)

 

会場:丸の内タニタ食堂 JR有楽町駅徒歩4分

 

東京メトロ有楽町駅徒歩2分

 

都営三田線有楽町駅徒歩2分

 

HP: http://www.tanita.co.jp/shokudo/shop/detail/marunouchi

 

参加費:3,000円 (資料・ランチ代として)  (NPOエスコット会員、2,000円)

 

定員:40名

 

※大変恐縮ですが定員に達し次第締め切らせて頂きます。

 

締め切り:11月10日(木曜)

 

お申込み:参加日、参加者指名(複数の場合はその方の氏名も)を銘記の上、以下のフォームよりお願いします。

 

お申し込みフォーム → http://gcm-sys.org/?page_id=3025

2016年11月8日