深刻化するコンテナドレージ不足を緩和する為、事業者間のお見合いサービスを開始

NPOエスコットでは深刻化するコンテナドレージ不足を緩和する為、事業者間のお見合いサービスを開始します

お見合い場所には「ESG」の3要素とサードプレイスの3を掛け合わせた3×3ラボが選ばれた。

自由で先進性あるスペースで既成概念を改善に向けてリセットするのが狙い。

3×3ラボ:http://www.ecozzeria.jp/about/facility.html

 

サービス概要としては、輸入ドレージを持つ事業者Aと輸出を持つ事業者Bの直接会合を通し、空輸送の削減案を出し合うというもの。

 

お申込み*

グローバル・キャパシティーマッチング運営事務局(NPOエスコット内)

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-13-803

電話:03-5429-6370 ファックス:04-7166-4128

メール:info@gcm-sys.org

 

2018年3月9日