ヒアリ対策で環境省に物流視点でのアドバイスを行いました。NPOエスコット

以下、環境省に対し、物流の現実に即したアドバイスを行いました。

対応窓口(東京事務所)からは本省にあげる旨の回答を頂戴しました。

==========

お世話になります。

はじめまして、NPOエスコットの代表理事の藤本と申します。

エスコットは海上コンテナのラウンド・ユースによる国内クレジット化等を実践してまいった団体です。

この度のヒアリ問題に関しコンテナ物流の点から防除に関するアドバイスをさせて頂きたいと思います。

 

1.輸入海上コンテナの主な経路

 

港CYで陸揚げ⇒近隣または遠隔地の倉庫、工場等に移送⇒貨物の取り出し作業(デバンニング)⇒空コンテナを港VPか内陸デポに返却
※陸揚げされた場所で貨物を取り出す事はCFS貨物(小口、積み合わせ)、通関検査対象貨物以外は殆どない。

 

2.コメント   輸送経路での防除:ヒアリ発生国の輸出者に防除剤(スーパーありの巣ころり、アース製薬)を入れてもらう。

ヒアリがいた場合、輸送途中で同剤により、防除される。                同剤は貨物取り出し拠点でも一定期間使用することができる。

 

3.関連情報

 

アース製薬様とは同剤のヒアリに対する効果を確認済。0120-816-456 サカイ様

アリの巣ころり↓

http://www.earth-chem.co.jp/sm/top01/ari/arinosu_korori/super.html

 雑食性のアリも吸蜜性のアリもよく運ぶ2種類の薬剤!

雑食性のアリが持ち運びやすい顆粒製剤と、吸蜜性のアリが吸いやすいゼリー薬剤なので速やかに巣に運び込みます。 (アリの種類により、ゼリー薬剤は運ばないことがあります。)

おいしいエサがアリに道しるべフェロモンの分泌を促し、薬剤まで仲間を誘引

甘~い黒みつ配合の薬剤でアリを誘引し、道しるべフェロモンの働きで仲間のアリに薬剤のありかを教えます。

巣の中で効果が広がり、巣ごと全滅! 巣に持ち帰った薬剤は仲間に分け与えられるので、巣のアリ(働きアリ、女王アリ、幼虫)に効果を発揮します。

適用害虫アリ類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です